SIRC メディカルチーム

///SIRC メディカルチーム

SIRC メディカルチーム

渋谷インターナショナルラグビークラブ・メディカル委員長より

皆様に安全と安心をお届けし楽しくラグビーができるように努めます。

渋谷インターナショナルラグビークラブ・メディカル委員長

医師 石井 桂輔

帝京大学医学部附属病院 講師。整形外科、脊椎外科、救急医学、外傷学を専門とする。
かつてはラグビー日本代表チームドクターをつとめ、現在は日本レスリング協会医科学委員を務める。
SIRC会長・徳増浩司の茗渓学園時代の教え子でもある。全国高等学校ラグビーフットボール大会(花園)にはフルバックとして出場し準々決勝まですすんだ。

1995年島根医科大学卒業。東京大学病院整形外科、東京都立墨東病院救命救急センターなどに勤務。2015年から2016年まで、カリフォルニア大学サンフランシスコ校に留学。

 

渋谷インターナショナルラグビークラブ・メディカル副委員長

医学博士   Olivier van Till

オランダのアムステルダム出身。一般外科(外傷を含む)および泌尿器科の訓練および臨床経験を有する。 現在は東京のアステラス製薬の研究開発チームのメディカルディレクターとして勤務。
SIRCのShogunチームでプレーしている子どもたちの父親でもある。

医師 クララ・ヴァン・グリック

小児科医。1998年インペリアル・カレッジ・ロンドン大学医学部卒。ロンドンの病院勤務での専門は小児救急と新生児集中治療室。国境なき医師団(MSF)の小児ヒト免疫不全ウィルス(HIV)感染症、結核、栄養に関するスペシャリストを務めている。過去には世界保健機構(WHO)のエキスパートアドバイザーも務めた。熱帯医学学士、国際法修士をロンドン大学で取得。現在は東京在住で、国境なき医師団のアドバイザーを務めており、また同団の小児医療メディカル・ガイドラインの執筆も担当している。2005年より国境なき医師団で働き始め、ブルンジ、コートジボワール、中央アフリカ、南アフリカ、ギニア、マラワイ、ニジュールにて治療活動を行なった。2011年からは同団本部におけるマリ、イエメン、チェチェン、カンボジアなど広範囲に渡る小児医療の活動をサポートしている。インペリアル・カレッジ医学部時代には同大女子ラグビー部でプレー。ポジションは右センター。短期間ではあるがロンドン・ワスプス(RFU)のBチームのトレーニングにも参加した。息子のマーティンが最近ジュニアサムライグループに入会。オランダ人と日本人の両親を持つクララは、日本語、英語、フランス語を駆使してSIRCの子供達をサポートしていきたいと考えている。

看護師:田中 明子

聖マリアンナ医科大学病院勤務 。2008年から同病院にて、看護師長とし、精神科、内科、外科、耳鼻科にて経験を有する。Ninjaクラスでプレーする子の母でもある。

 

 

 

 

 

 

 

元看護師 宇津元 康栄

看護師歴10年。
慈恵医大第3病院の外科と耳鼻科の混合病棟で四年、高須クリニックで三年、城西病院 内科、外科の混合病棟で四年勤務。JuniorSamuraiクラスでプレーする子の母でもある。

セーフティ・アシスタント

井下田 久幸

平手 隆之

橋本 恵美

日本ラグビーフットボール協会主催のトレーナーセミナー並びにセーフティアシスタントセミナーを毎年受講し、セーフティアシスタントとして認定された、アルウィン(井下田久幸)、タカ、エミの3人がサポートさせて頂きます。

2019-07-28T00:30:52+09:00 February 19th, 2019|日本語|Comments Off on SIRC メディカルチーム