SIRC メディカルチーム

///SIRC メディカルチーム

SIRC メディカルチーム

渋谷インターナショナルラグビークラブ・メディカル委員長より

皆様に安全と安心をお届けし楽しくラグビーができるように努めます。

渋谷インターナショナルラグビークラブ・メディカル委員長

医師 石井 桂輔

帝京大学医学部附属病院 講師。整形外科、脊椎外科、救急医学、外傷学を専門とする。
かつてはラグビー日本代表チームドクターをつとめ、現在は日本レスリング協会医科学委員を務める。
SIRC会長・徳増浩司の茗渓学園時代の教え子でもある。全国高等学校ラグビーフットボール大会(花園)にはフルバックとして出場し準々決勝まですすんだ。

1995年島根医科大学卒業。東京大学病院整形外科、東京都立墨東病院救命救急センターなどに勤務。2015年から2016年まで、カリフォルニア大学サンフランシスコ校に留学。

 

渋谷インターナショナルラグビークラブ・メディカル副委員長

医学博士   Olivier van Till

オランダのアムステルダム出身。一般外科(外傷を含む)および泌尿器科の訓練および臨床経験を有する。 現在は東京のアステラス製薬の研究開発チームのメディカルディレクターとして勤務。
SIRCのShogunチームでプレーしている子どもたちの父親でもある。

日本ラグビーフットボール協会・トレーナーセミナーに参加

SIRCメディカル委員

メディカル委員で、日本ラグビーフットボール協会のトレーナーセミナーを受講してまいりました。
受講内容はラグビーに対する知識を深める講義からはじまり、コミュニケーション・外傷・内科疾患に至るまで広範に渡るものでした。

セミナー内容

  1. セーフティーアシスタント制度の概要
    ラグビー概論
    ドーピング・コントロール
    口腔外科
    レフリーとの関係
    コンディショニング論
    整形外科的外傷・障害/重症外傷
    内科的疾患

受講により、メディカル委員は日本ラグビーフットボール協会によってセーフティーアシスタント認定資格を授与されました。

 

トレーナーセミナー・レポート

トレーナーセミナーを受講した上で、チームへ還元できそうなポイントをレポートとしてまとめました。

口腔外科

トレーナーセミナーのうち、最も重要な講義のひとつが口腔外科に関するものでした。口唇や舌、歯や歯茎、下顎などの損傷及び脳振盪などの障害の予防と、適切な応急処置に努めて参ります。
特にコンタクトプレーの発生するSamurai, Shogunクラスにおいてはマウスガードの着用を必須とさせて頂きます。
また、虫歯やマウスガードの着用と、運動パフォーマンスとの関連性にも注目しています。ご家庭での歯のケアを推奨させて頂きます。

ウォームアップ

トレーナーセミナーでは筋肉の働きについて講義がありました。
SIRCでは、準備運動としてコミュニケーションを楽しみながら体を動かせるプログラムを提供しています。これによって、簡単な英語に触れながら、友達と仲良くなり、準備運動もこなしています。

水分補給

一般的な成人の毎日の水分消費量は2.5リットル(幼児では体重 x 90~100ml、学童では体重 x 60~80mlと言われています)。そのうち、1.2リットルはこまめな水分補給で摂ることが求められています。
SIRCでは、練習の合間にこまめに水分補給をいれ、脱水症状を避けるように対応しています。また、のどが渇いたら練習の途中でもいつでも水分補給にしてもらえる環境を、子どもたちへの声掛けで実現しています。

2019-02-27T12:00:15+00:00 February 19th, 2019|日本語|Comments Off on SIRC メディカルチーム