ラグビーゲームデーのご報告


SIRC Rugby Game Day アルバムはこちら

https://photos.app.goo.gl/9bkn7i5eoBPk7td47


2月9日(日)はBST長沢スポーツグラウンドで幼児から高校生まで全クラスがゲームを楽しみました。幼児・小学生クラスがお迎えした三鷹サンホークスや、中学生クラスのお相手みなとRS文教RS、高校生クラスの対戦相手桐朋学園とは、クラブとしてこれまで数度に渡り親善試合を行って参りましたが、子ども達が切磋琢磨し成長していく姿を見ることができました。

 


SIRC-Cafe☕️のお礼

クラブハウスに特設されたSIRC-Cafeではボランティアの皆様のおかげでアフターマッチファンクションや交流会を開催することができました。

子どもたちの大好きなお菓子や、キッシュ、オーストラリアミートパイ、バナナケーキ、チョコクッキー、チョコレートフォンデュなど手作りの美味しいものを持ち寄せてくださったお母様方。
一日中バリスタをしてくださったお父様。
ホットドッグを300用意するために綿密な計画を立ててリードしてくださったコーチや奥様方など、全てボランティアの皆様のご協力によって行われました。

子ども達へ向けられた皆さまのあたたかな愛情に感謝の気持ちでいっぱいです。

「ロンドンでは子ども達のラグビーのあとは、いつもホットドッグを用意するのよ。」と、三島コーチの奥様Mihoさんが教えてくださり、異文化体験にも繋がったようで嬉しく思います。

皆様のサポートのひとつひとつが、SIRCの姿を作ってくださっているのだと改めて感じ入る1日となりました。重ねてお礼申し上げます。


渋谷バーバリアンズ

3の卒業式

U18渋谷バーバリアンズは試合終了後、高校3年生でチームを離れる卒業生のお別れ会を開催しました。

バーバリアンズとはホームグラウンドを別とする選手や、ホームグラウンドを持たない選手が集められるオープンラグビーのチームですが、SIRCではその受け皿となって昨年秋より渋谷バーバリアンズを結成しました。そのため数回一緒に戦っただけの仲間ですが、互いをリスペクトできる素晴らしいチームになりました。

キャプテンの門脇祐介君は(桐蔭学園3年生)は「一緒にプレーしてみて、本気でやればジャパンになれると思う子達がいた。がんばって欲しい」と挨拶。試合中、後輩達に、タイミング良く何度も丁寧に指導をしている門脇君の姿がありました。最後の試合だからこそ、余すことなく伝えようとしてくれていたのかもしれません。

「どうにかヒュウガをジャパンにしたいね。でも俺らバックスだからなんも教えられないな、って言ってたんだよ」と、もどかしさを感じている、また別の先輩選手やチームメイトもいました。

教えようとする側も、教わりたいと思う側も、みんな素敵なラガーマンですね。One Team!!

一緒にプレーできなくなることは寂しい限りですが、夢へ向かって大きく羽ばたいて行かれるご卒業生の皆様に心から声援をお送りしたいと思います。

 

 


Super Ninja

Ninja

Junior Samurai

Samurai

Shogun

U18 渋谷バーバリアンズ